テキスト

大阪のお菓子教室 ドミニケドミニクのblogおよび公式サイトです。
教室メニューは右端にございます。(スマホの場合は下部)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスンのご案内

レッスンのご案内

2016年6月30日木曜日

マカロン ギフト

バニラのマカロンとショコラのマカロンをギフトに…
このマカロン生地、すごくおいしいです。
パリBellouet Conceilのルセットをベースにしています。
すばらしいところは、絞った後の乾燥工程がいらないところ!
そのままオーブンにいれます。
バニラ…アングレーズベースのクレーム オ ブールを挟んで
ショコラ…クーベルチュールのガナッシュを挟んで


2016年6月29日水曜日

DILLETANT +Dog伽羅茶

お友達のミカさんからいただいた わんちゃんクッキー。
かわいいねー♡

彼女は軽井沢の、ツリーハウスカフェDILETTANT(ディレタント)のオーナー。
クッキーは姉妹店で7月1日オープンのDILETTANT +Dog 伽羅茶 ~kyaracha~ のものです☆



アンバーの第二の母のような存在のミカさん、アンバーが亡くなった時は駆け付けてくれて、アン=ロワと初対面の時も、生まれ変わってきてよかったねって泣いてるから、わたしも逆にもらい泣き(ノ_<。)
アン=ロワ、ちゃんと覚えていて、「あんちゃん!」て呼ばれた瞬間、「ミカさ~ん」って一目散に駆けていって甘えてました。

旧知の人たちに会ってくと、行動がどんどんアンバーになってくるアン=ロワ。
やっぱりそうなんだ~~~。

突然、どこでも、ぽてッと眠りに入る彼女。まだまだ行動が赤ちゃんだねー。
踏まれるよ(^_^;)


2016年6月28日火曜日

ブラウントイプー三姉妹♡

アン=ロワ Amber Loire 2カ月半(三女)
おもちゃっぽくってかわいいねー。ほっぺの毛はこれから伸びるよ☆

アンバー Amber 生きていたら13歳1か月(長女)
アンバーもアン=ロワも、すごくよく似たお顔してる。
この写真(11歳当時)だと、お目目ちっちゃく写ってるけど、基本的にアンバーが一番ぱちくりさんかな。               ↓素顔はこれ。ぱちくり。




ランス Leims  8歳4か月(次女)
ランスも お目目ぱちくりさんだね。
背中の濃くなってるところは、おできの手術の痕(^_^;)
これは、湯船の縁で「おふろ、はいっちゃってもいいですか~?」とママにお願いしているところ。

ランスのママとは仲良しいとこ同士♡



ブラウントイプーは目が人間っぽくって、毛色も人間っぽくってイイ。
抱いてるとなぜか、「人間の赤ちゃんかと思った!」ってびっくりされます。
実際、アンバーとランスは日本語の達人で、人間の子供のような存在。

この子たち、ビジュアルのかわいらしさも癒しポイントだけど、結構難しいことまで理解が可能で、
かしこい彼女たちとの日々のコミュニケーションは癒しそのもの。
アン=ロワも、ウチの子になって まだ1週間たたないけれど、すでに日本語だいぶ覚えてきてるので今後に期待。
「まま、おなかすいたよー。」って言いにくるようになったし、その調子、がんばれ~。








アン=ロワのすばらしいところ。

指の間、おしり、おなか、耳の中の方…、どこを触っても唸らない。
これ、お迎えした後に人間が教えていくものだと思ってました。(昔持っていたしつけ本にもそうかいてありました。)

容易にお腹を出す。
アルファ症候群にしたらかわいそうなので、どちらがボスか勘違いさせないように気を付けているけれど、最初から服従を示してくれてました。

頭蓋骨がまんまるで、ストップが効いててアップルヘッドで、すっごいかわいいおでこ。
多分、どんな髪型も似合う(*^。^*)
スタイルもいいよー。
ごほうびも、おすわりでお行儀よく食べます~。

2016年6月27日月曜日

レッスン~ルリジューズ~

**********************
参加費:     4,500円
所要時間:     約2時間プラス試食
お渡しするもの:  ルセット1枚
おもちかえりは、出来上がりのものと、中間パーツとして、シューをレシピ1回分。


もってきていただくもの
筆記用具、エプロン、お持ち帰りバッグ(保冷バッグ)、保冷剤

**********************

お問い合わせはdmnqd@gmail.comまでお願いいたします。
男性のご参加は、カップルかご夫婦に限らせていただいております。



レッスンの課題、ルリジューズ。
絞りの基本のレッスンを1度、終えてからの参加をお願いしております(*^。^*)


パリのトレンドは、甘すぎないお菓子。
元々パリに「甘さ控えめ」の風を持ち込んだのは、日本人シェフたちなんです。
フランス人のつくりだすお洒落な造形美、遊び心、そして日本人の繊細な味覚や仕事。
意外と、フランスの人たちは、日本人の仕事の繊細さや舌の繊細さに一目置いてくれています。
そして、日本人は、フランス人のおしゃれさや文化が大好き(^.^)

よいケミストリー(相性)です。

伝統的なルリジューズは、甘い甘いフォンダンをかけます。
このタイプはクーベルチュールチョコレートで作ったグラサージュをかけているので、食べやすい甘さです。

1階部分のシュート2階部分のシューの間のクレーム・オ・ブール(バタークリーム)はサルタン口金を使って絞るモダンなスタイルです。
別の機会に、もう一つの星の口金のタイプもお稽古しますよ~。



生徒さん、サルタン口金で、ちゃんと絞り袋を垂直にうまく絞って下さってます。

1回目のレッスンで、基本のフォームやクリームのつめ方、しごき方などの扱い方を丁寧にお稽古した成果がでてます! 2回目とはとっても思えない仕上がりです。
シューも、きれいに均一に絞られてるので、きれいに焼けています(*^。^*)


最後の仕上げ。今回はシューの絞り具合にもよりますが、大体5つお持ち帰りになっていただけます。


よろしくお願いいたします<(_ _)>♪

2016年6月26日日曜日

しめしめ。ケージに誘導

あの手この手でケージに誘導。

ケージは人間不可入ゾーンだと理解し始め、中で寝てくれるようにヽ(^。^)ノ
お客さまが来られますから、ちゃんと入って快適生活できるようにならないとね。


食事を1日に何度も何度も少しずつとるようになって、体重増加が目まぐるしい あん・ろわちゃん。
一日に二十数グラムずつ増えるようになりました。
以前は一日5グラム以下とかマイナスとかだったので、すごい進歩!


ウエイトが乗り出して、途端にしっかりしてきたら、すっごいお転婆に。
お転婆だいすきなので、うれしい(^.^)♡
犬っぱしりまでしだすように。




来たときは野生っ子で、きゅんきゅん要求鳴きが激しくて、欲しいものはキュイキュイわちゃわちゃタカる主義だった あん・ろわちゃんでしたが、もうすでに、無言でアイコンタクトやおすわりをして、「ほしいです」とか「だっこ」とか要求内容を送ってくるようになってます。

きゅんきゅん言ったところで、一銭の徳にもならないことを悟ったようです。
おりこうさんです。

だっこ。Sit(おすわり)。おにわ。おちっち。よしっ。おいで。ボキャブラリーが増えてきたね。
だんだん難しいことも分かるようになる感じ♡



寝込みコッソリ襲いとか、歩いてるところを一瞬捕獲して、少しだけ鋤ばさみでチョキ。
櫛を入れるついでにチョキ。
ちょっとずつ髪型が変化のあん・ろわ。
手先の仕事、造形しごと大好き。

ケージの中ではチョキチョキやらない。見えないバリアがあるもんね~。
ケージで寝るのがお得だよ~~~~(^m^)
(誘導、誘導)



2016年6月24日金曜日

オソピュア、おいしくないの(+o+)??

どうしたって食べてくれないアーテミス オソピュア。
けれど、ブリーダーさんの絶対推奨オソピュア(;O;)
まわりのトイプードルのお友達で、これをあげている人は聞いたことがなかったのですが
調べてみたら、やっぱり食いつきがイマイチで断念情報多い…。

トイプードル1匹や2匹だと、月にそれほどたくさん食べないので、みんな食に関して贅沢させてもらってて、食べないドライフードに長く格闘している人も見かけられず。

アーテミス オソピュア、まとめて取りましょうか?とご親切にも申し出てくださったのですが、実は!
アーテミスの輸入代理店って、大阪のペットパートナーズという地元ではそこそこ人気のペットショップを運営しているKMTという会社で、比較的ご近所。こまめに買いに行ける距離ではあるんですよね。

実家では大型犬の多頭飼いでして、ペットパートナーズさん、10㎏袋でお世話になっていました。
以前は平行輸入の安売りドッグフード屋さんというイメージだったのですが、今はソリッドゴールドとアーテミスは正規代理店をされているのですね。
サイトをみたら、2社のフードは同グレードのよう。
実家の大型犬たちは、ソリッドゴールドをベースに、ブロックのラム肉買ってきて さばいてトッピングしてました。


昔からアーテミスはペットパートナーズさんのイチオシで、当時はアガリクスしかなかったのですが、量り売りもしていたぐらい勧めていて、一度少し試してみましたが、アンバーも残念ながら食べず(+o+)
内容もそこそこのようであり価格面では良心的フードで食べてくれたらうれしいけれど、ちょっと酸化したオイルのにおいが食にうるさい子には受け入れられにくいようで、あんろわちゃんも頑固に拒否(-"-)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブリーダーさん宅では、2匹同時給餌で、ドライ20gウェット10gの形30gを1日2回を2皿出されていたとのことで、あんろわがどれだけ食べているかは把握されていとのことでしたが、ここにきて、やっぱり30gは食べていなかった疑惑が…。

お嫁入り前の10日間もそんなに増えてなく、頑張って大きくなってもらわないとって張り切っていたのですが、初日は移動での疲れがあったので仕方ないとして、日に日に体重が減るので、お肉の方を30gずつ与えたら、あとで消化されないそのままの状態で戻してました。
戻したものを再度食べようとするので、あわてて撤去してニュートリカルを少しなめさせて、念のため戻した分のミネラル補填。

獣医さんいわく、この子の消化が追いつかないので、もっと少量ずつ回数を分けた方がよいとのこと。
ドライでなければ、30gでも3分以内に完食してしまいますが、処理量こえてて戻すので、「小刻みに少しずつ」に路線変更。とりあえず、直近では1日30g弱増えてました~~ヽ(^。^)ノ

生後12週~半年ぐらいは特に身体ができるのに大切な時期なので、毎日着実に栄養をとって、順調に育つことができるように気を付けてあげたいところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は信頼関係構築努力の日。
あんろわちゃんからも、すごく優しくしてくれて、急激に母性ホルモン オキシトシンがきゅんきゅん出てきたようで、またもや愛しい赤ちゃんに見えてきた。
最初は何か借り物のような感覚でイマイチのめり込めなかったけど、自分の子って気持ちが切り替わってイチイチかわいらしい。

今日は、落ち着いてきて、寝てばっかりです。
よかったよかった(*^。^*)



今朝も、お風呂ねんねの巻。 湿気がちょうど落ち着くのか…
ランスもお風呂フタ睡眠すきなんだって♪

ママが作業中の時は、キャリーで しっかりねんね。お利口ねー。

今日からケージトレーニングを頑張り中。もうちょっと時間がいるかな(^_^;)

ピンポンにまったく反応せず。お利口さん。


2016年6月23日木曜日

Amber Loire アンバー・ロワ 短くしたら”ロワちゃん”

似てるけど、アンバーじゃないよ。
アンバー・ロワちゃん。中身はアンバーのはず。
彼女と出会って、昨日うちの子になる前に、
色々オカルト(?)なプロセスがあったのですが、その内また別の機会に。



きのう、初めて乗ったLCC、関空-成田便。千葉っ子ちゃんです。
到着カウンター降りてきたら、きゃんきゃんきゃんきゃん、赤ちゃん犬の鳴き声がしてて、
親元さん、どこにいらっしゃるのか、すぐ分かっちゃった。

正直いっちゃうと、アンバーがお利口ちゃんだったもので、
この時点で若干 冷や汗たらーだったわたし。



見学以来、久しぶりに再会した彼女は、やわらか うん〇を踏みちゃちゃくにしてますた(^_^;)
親元さんに あんよ拭いてもらっているの図。
落ちないので、この後 ペットボトルのお茶でシャワーしました。
騒いでる+ぷーんとかぐわしい香りに、この後の旅程に一抹の不安。


ロワちゃんがキュンキュンいうので、新幹線では通路でずっと立ってました。
閉まるハードキャリー持ってたけど、落ち着かないのでハンドバッグに移動。
本当はダメなの。ごめんなさい。
泣いて迷惑かけるより、ひっそり言いくるめた方がいいかと言う判断で…。
不安なお顔。ずっと一緒だった同じ日生まれの白い男の子と離されてとまどってたらしい。
まだ人間語を全然わかってない彼女だけど、一生懸命 胸で気持ちを伝えてたら…
だんだん目を合わせてくれるように。


空港では目も合わせてくれなかったけど、ちょっとアイコンタクトとれてきました。

新大阪で乗り換えて、在来線に乗る頃にはホラ、わたしの顔ばかり見てる。
という訳で、アイコンタクトとれるようになったら泣き止んでました。
(ちなみに、電車ではキャリー閉めないといけませんっ。おゆるしを。)





まだ赤ちゃんだから、人間語通じないし、お互い手さぐりで…
どうしても お利口かわいかったアンバーと比べちゃうのよね。

なんていう、慣れない一日目。
自分の赤ちゃん産んでも、翌日以降お世話しながらジワジワかわいくなってくるって聞いたことあるけど、そんな感じ?な一日目。



で、今日はといいますと。
もうですね。
わたしのことを頼りにして、わたしばかり見てて。
アヒルの子みたく、どこにでもついてくるわけです。
トイレにも。


お風呂にも。
ほんとにどこにでも。


すでにムダ泣きゼロ。おりこうさん。
呼んだら来る。待てとおすわり、不完全だけどなんだか出来かけ。
「ノー!」って言ったら止める。

寝てるとこを鼻でフンフンしたら、おなか出してされるがまま。

というわけで、二日目にして結構おりこうさんだし、結構仲良しになりました。


すっごく仲良しになっても、わんちゃんなんて、どうせ12年とか、短い命なんだって、
ちょっと冷めた気持ちはどこかにあるんだけど、
一日一日、またまた大好き度が深まって、おそろしく大切な存在になってしまうのが目に見えていて、なんだか複雑。
でもね。べったり懐いた小さな赤ちゃん。かわいいのよ(*^。^*)
冒頭の写真、もうしっかりわたしを見てる。
目の色に信頼の色が見えてて、やっぱり愛しちゃうよね。